自分の専門分野でもとっさに答えられないことがありました!

◎自分の専門分野でもとっさに答えられないことがありました!

 

こんにちは、山登りインストラクターのmoetanです。

 

 

PDCAサイクルとは?

 

週末の2日間、ビジネスセミナーに参加してきたことは前回少し触れました。

 

そのセミナーでPDCAサイクルのワークがありました。

 

PDCAサイクルとは、現状把握から始まり、P:計画(Plan)  D:実行(Do)  C:評価(検証)(Check)  A:改善(Action)を経て次の計画に結びつけるというマネジメント手法のことです。

 

実際は仕事の仕方や人生計画などにも応用できる考え方だと思います。

 

 

 

PDCAワークで

 

で、それをチームで行ったのですが、そのワークの内容が「雪山登山」で登山ガイドとしてお客さまをゴール(山頂)までお連れする、ということでした。

 

見た瞬間、お、わたしの専門分野だ、簡単に出来そうだな、と正直感じましたよ。

 

ところが何を焦ってしまったのか制限時間の中で出てきた内容があまりにもお粗末!

 

チームリーダーとして発表するのが恥ずかしかったです。

 

他のチームの的確な内容を聞いていると恥ずかしさがさらに増していきました。

 

 

お客さまの属性を確認することや装備や服装の事前チェックなど、当たり前のことすら曖昧でした。

 

 

 

反省するところは!

 

言い訳をすると時間を区切られるのが苦手というのがあります。

 

じっくりと考えていろんな角度から漏れがないかを確認する。

 

これがわたしの性格です。

 

別の言い方をすると、瞬発力に劣っているということになりますか!?

 

反省すべき点はもちろん改善していきます。

 

山では瞬時に判断しなければならない時もありますからね!

 

山登りで最優先すべきは安全第一ですから、ね!

 

雪山登山も息子としています。