登山届と山岳保険があなたを救う!

◎登山届と山岳保険があなたを救う!

 

こんにちは、山登りインストラクターのmoetanです。

 

 

2年前のFacebookに、この記事の当事者の方が投稿していました。

 

 

投稿内容を読むと、

 

転倒した際に近くを歩いていた登山者が目撃していた、

 

後から医者である登山者が通りかかり適切な応急処置を施した、

 

急を聞いた山小屋関係者が駆けつけた

 

などの不幸中の幸いがあったようです。

 

 

しかしここで特筆すべきことは、この方が登山届を提出しており、なおかつ山岳保険に加入していたことです。

 

これは登山をする者なら当然のことで特筆すべきことでもなんでもないのですが、それでもここで触れるのは、そうではない登山者が多いからなんです。

 

 

この方は登山届を提出していたのですぐに身元の確認ができ、家族への連絡も早く取れたようです。

 

また災害用ヘリコプターがその時使えず民間のヘリに出動願ったとのことですが、山岳保険に加入していたので金銭的な心配も無用だったという話でした。

 

 

 

本来ならばあってはならない事故ですが、こういうことが起きないとも限らないのが登山です。

 

今回も山岳保険の話になってしまいましたが、備えあれば憂いなし!です。

 

登山届の提出と山岳保険加入は必ず行うようにしましょうね!

 

今回の遭難者が登った唐松岳(長野県北安曇郡白馬村・富山県黒部市 2695.8m) Wikipediaより

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です