登りたい山はあまたあれど

◉登りたい山はあまたあれど

 

こんにちは、山登りインストラクターのmoetanです。

 

 

増える、登りたい山!

 

山登りを始めると登りたい山がどんどん増えていきます。

 

山登り自体が面白くなってきて、一つの山を登り終えると次はどの山に登ろうかな、などと考えるようになります。

 

さらには1年先までの計画を立てるようになったらもう立派な登山者と言えるかもしれませんね。

 

 

ですからいろんな目標を立てる人がいるんです。

 

日本百名山完登を目指す人がいます。

 

国内に21座ある3000m峰を制覇することを目標にする人がいます。

 

厳冬期の北アルプスを登る人もいます。

 

名山を登りつくしてしまい、里山を歩き始めている人もいます。

 

 

いずれも素晴らしい目標です。

 

しかし誰もが出来ることではありません。

 

 

 

登りたい、ではなく

 

それなりの山を登るには、それ相応の体力やスキルが必要とされます。

 

わたしがいつもに言っている、

 

登りたい山より登れる山を!

 

です。

 

 

 

自分の力を知ろう

 

自分はどの程度の山なら登れるのか。

 

これを知るには自分だけでは無理です。

 

やはり経験者の目が必要になってきます。

 

ですからそのような山登りの経験者と、まずは近場の低山から登ることをわたしは勧めているのです。

 

そして徐々にレベルアップを図るのが目標達成の一番の近道だと確信しています。

 

 

 

登れる山を選んでみよう

 

少しずつでもレベルアップしていけば、1年後には3000m級の山を登ることができると考えます。

 

まずは自分の実力に見合った山に登りましょう、ということ。

 

そこは絶対に守ってくださいね。

 

 

ではどんな山に登ればよいのか?

 

一つの指標になるサイトがあります。

 

この夏に長野県や山梨県の山を登る予定の方はぜひ参考にしてください。

 

信州 山のグレーディング一覧

 

山梨 山のグレーディング一覧

 

他にも新潟・岐阜・静岡・群馬のグレーディング一覧表が公表されています。

 

 

ここには県内の山が多数掲載されており、その山の難易度が一目で分かるように工夫されています。

 

ぜひ参考にしていただきたいと思っています。

 

 

これから山登りにはとても良い季節になってきます。

 

安全な山登りを心掛け、楽しい思い出を作ってくださいね。

 

トレーニングを積めば夏の3000m峰は誰でも登れます。