トレーニングはすきま時間でやってみては!

◎トレーニングはすきま時間でやってみては!

 

こんにちは、山登りインストラクターのmoetanです。

 

 

これまでに2回山登りのためのトレーニングについて書いてきました。

 

いずれも簡単に出来るような内容でした。

 

しかし中には、山に登りたいけどトレーニングをしなければならないのなら登るのやめようかなぁ、なんて思う人もいるようですね。

 

せっかく山登りに興味が出てきたのに、トレーニングがイヤでやめてしまうのでは本末転倒です!

 

ということで、今回はトレーニング時間について考えてみたいと思います。

 

 

 

わたしが思うに、トレーニングのためにわざわざ時間を取らなければならないと考えるから面倒くさくなってしまうのではないでしょうか。

 

あるいはそもそも”トレーニング”などと考えるから余計に億劫になってしまうのかもしれません。

 

 

ですから、時間に余裕のある人や、時間がなくてもトレーニングする時間を捻出してでもトレーニングをしたいという熱意のある人は、どうぞトレーニングに励んでいただきたいと思います。

 

きっと早く成果が出ると思います。

 

でも決してオーバーワークにならないように注意してくださいね。

 

真面目な人ほどオーバーワークからケガをしてしまう傾向があります。

 

 

 

問題はそれ以外の、そんなに動きたくない人や時間に制約があるです。

 

実はわたしもその口ですが、トレーニングをこれからやるぞと意気込んでも長続きしない人もそうです。

 

もしくはトレーニングのために時間を掛けたくない人なんかも。

 

こういう人のためのわたしからの提案は、トレーニングを生活に組み込んでしまうということです。

 

 

 

例えば意識的に歩くということです。

 

自転車で買い物に言っていたところを歩いて行く、最寄り駅の一駅手前で降りて一駅分を歩く、バスなら二停留所分歩くなどです。

 

その他のトレーニングとしては、電車内でかかとの上げ下げをする。座席に座っているときにヒザを合わせる。

 

こんなことをすると、ふくらはぎや内ももの筋肉を鍛えるトレーニングになるんですよね。

 

階段を上るときはヒザをできるだけ高く上げたりというのも良いです。

 

前回書いたようにテレビを見ながら四股やスクワットをするのもまたOKですよ。

これは腰割りです。股関節を柔らかくします。

 

 

なんだか部活の基礎トレみたいになってきましたが、

 

ともかく生活のすきま時間にトレーニングを組み込んでしまいましょう。

 

そうすればトレーニング自体がさほど苦もなくできてしまいますよ。

 

 

とはいえ無理は禁物です。

 

とりあえずは出来ることから始めてみましょう!