1回の山登りにどのくらいの効果があるのか?

◎1回の山登りにどのくらいの効果があるのか?

 

こんにちは、山登りインストラクターのmoetanです。

 

どんな運動でも継続することが重要だと言われています。

わたしがかつて市民ランナーであった頃、毎日のように走ることでタイムを更新していました。

確かに継続することは大事ですし意味があります。

 

 

だけど山登りを継続するってどういうことなのかな?

体力的にも時間的にも毎日登ることなんてできないし。

せいぜい月1回か多くて2回でしょう。

その程度で運動している効果ってあるの?

健康効果ってあるの?

 

 

こういう疑問を持たれた方もいるかと思います。

山登り好きを自認しているわたしでも登った回数の最多は年間38回。

つまり月3回強です。

今まで登った回数を平均すれば月2.5回くらいです。

それでも身体的効果は出ています。

 

足腰は丈夫になりましたし、風邪を引きにくくなりました。

リフレッシュした気分は翌日以降も何日間か続きますし。

 

 

だけど登る頻度が少ない人はどうなんだろう?

実はわたし自身も少し疑問に思っていました。

 

そこで出会ったのが大分県立看護科学大学健康運動学研究室の稲垣敦教授の研究です。

 

稲垣教授はその研究で次のように述べています。

 

・脚の筋力増強効果 → 20日後まで高い値

・体重が0.7kg減量 → 29日後まで低い値を維持

・「抑うつ」と「失敗に対する不安」の数値は登山後6~7日後まで低い

・「行動の積極性」の数値は29日後まで高い

などなど。

 

3番目と4番目は、POMSという一時的な気分や感情を測定するテストでの数値から導き出している結果です。

 

このことから、1回の山登りで精神的な面だけでなく身体面でも効果があるということが分かります。

 

 

山登りは経験から言ってもリフレッシュできるので精神的な効果は理解できますが、さらに身体的にも効果があるということです。

 

もちろん継続することに越したことはありません。

ですがたまに山登りをすることにも結構効果があることが分かりましたね。

 

 

やっぱり良いですよ~、たま~に山登りでも!